主人と自転車30キロのトラベル

快晴ので
15移動先にあるモールに彼氏と自転車で行きました。
スマホの絵図で見たところ直線誠実だったので、楽勝だと思っていた事。
一際坂。
最初はしり受け取りをしながら面白く登っていたのですが
こいも、こいでも時期にたどりつかず・・・
言及総計も減り、二人とも息切れ
時期にはコンビニエンスストアがありちょこっとブレイクタイム。大阪市内が一望できていやにきれいでした。

1間かけてセキュリティーモールに着くとアクセスがガクガクでついて直ぐ喫茶店へ・・・
まったりオーダーを終わり、帰りは下りだし利便ダーーーー!!!!って胸中入れていると
まさかの迷子。
ますます坂を登ってきたはずなのに
何だか帰りも坂道・・・
とうに二人とも、笑顔が止まらなくなりました。
どのみちに曲がっても見えるのは坂道。
ようやく日光が暮れる前には帰れたのですが、その日は夜更け食べ物も食べず爆睡しました。
こんなにも必死になって自転車を漕いで走ったのは中学風で心から思い出深い感じになりました。債務整理の評判の専門家がいます